コラム一覧へ

2019年02月14日

20分走らないと脂肪は燃えないはウソ!? バスクリンのお風呂博士が教える、脂肪燃焼と疲労の真実(前編)

「今年は走ろう!」、「夏までに走って痩せよう」と意気込み、年初からランニングをスタートさせた人が、皆さんの周りにも多くいらっしゃったと思いますが、果たして続いている方はどれくらいるのでしょうか?デサントの調査ではランニングを始めて6ヶ月以内に辞めてしまう、 “燃え尽きたランナー” が67%にものぼることが明らかになっています。さらに、調査では毎日走るランナーほど燃え尽きやすく、適度に休足しながら走るほうが継続できることが明らかになっています。(2015年7月取材。掲載商品は当時販売されていたものです。)
そうは言っても、本当に頑張らなくてもいいのか?頑張らなくてもダイエットできるのでしょうか?そんな不安を払拭すべく、株式会社バスクリンの広報であり、「お風呂博士」の異名も持つ、いわばお風呂のプロである石川泰弘さんに、「半身浴」の効果と「脂肪燃焼」の真実について話を伺いました。

汗をかく=カロリーを消費している、は真っ赤なウソ!

一時期を境に、「ちゃんと湯船につかりましょう」、「お風呂は健康にいい」という風潮が生まれたと思うのですが、これはどうしてなのでしょうか?

石川:健康志向の高まりというのはありますが、美容的にはメイクアップの技術に頼るだけでは本当に綺麗になれないという流れになってきたからではないでしょうか。当たり前ですが、外身をキレイにするには本来の肌そのものが綺麗でないと、「じゃあ、次はインナービューティーだ」という流れになりましたよね。

タイミング的にはデトックスだとか、隠れ肥満が言われ始めたのと同じくらいですよね、女性芸能人や女優の影響による半身浴ブームも重なって。

石川:そうですね。お風呂によるダイエット効果、たとえば入浴20分でご飯1杯分のカロリーと言われ始めた時ですが、結局、体を動かさないとカロリーは消費できません。入浴中は汗をかくから消費しているように感じますが、汗は体温調節のために出るもの。体が温まるから汗が出るだけで、カロリー消費の証ではないのです。
ヘルスメーターに乗れば体重は落ちているのですが、水分が出ているので、むしろ脱水して危険な状態です。

量より質!睡眠時間を30分削ってでもお風呂に入る方が、深い眠りに!

それでもお風呂で痩せると思っている人、多いですよね。かく言う私も、お風呂でのカロリー消費を信じて半身浴にはまっていました...

石川:痩せないわけではないですが、歩いた方がよっぽど痩せますよ。でも、お風呂に入ることで、痩せやすい体になることは間違いないです。


代謝が向上するから、燃えやすいカラダになるという認識で大丈夫でしょうか?

石川:代謝がよくなることもそうですが、エネルギー消費に必要な酸素は血液のヘモグロビンと結合して全身に運ばれます。このヘモグロビンは血液の温度すなわち体温が上がると、結合している酸素を放出し易くなります。お風呂に入って体温が上がる=血液温度も上がるということですので、結果エネルギーの消費に繋がって痩せやすい体になるんです。

ちなみに、最低何分入った方がいいなどの基準となる時間はありますか?カラスの行水みたいなも男性に多く見受けられる気がしますが。

石川:最低でも10分は浸かってほしいですね。ちなみに、血液が体を一周するのに約1分かかり、入浴で体温は最大1.4倍くらいまで上がるといわれています。

お湯の温度はどのくらいが適温なのですか?38度とか40度くらいでのぬるめのお風呂で10分間でもいいのでしょうか?

石川:はい。43度みたいな熱湯だと、3分も浸かっていられないでしょう(笑)。体の表面はその熱で温まりますが、カラダの中までは温まらないので。あったまった感、とでも言うのでしょうか。

熱いお風呂にずっと浸かっていると、汗が一気に吹き出しますが...あ!汗をかいて、ただ熱を逃がしているだけなんですね!

石川:ちなみに血の巡りには、水圧が大きく関係しています。カラダに水圧がかかると、横隔膜が上がり肺が小さくなる。するとカラダに酸素を取り入れようと心肺機能が高まり、それに伴い心臓も動くので、血の流れが活発になります。
あと、お風呂は食後に入った方がいいですね。血の巡りが良くなるので、食事でとった栄養がカラダ中に行き渡りますから!

20分の運動で脂肪は燃える?乳酸は悪?それもウソ!

これまでの石川さんのお話って、世の中の常識や定説を覆すようなものばかりで正直、驚きの連続です...。他にも何か「常識になっているけど、これはウソ」という話はありますか?

石川:よく言う、20分経たないと脂肪が燃え始めないという話ですかね。そんなことないです(笑)

カラダは動きはじめた段階から脂肪を使っています。例えば運動を20分以上しなくちゃいけないとか言うのは、20分後から脂肪が燃焼し始めるというわけではなくて、運動を5分、10分と続けるにつれ、徐々に糖分の割合が減り、脂肪の活用割合が増えていきます。実は5分を過ぎるとエネルギーの使用比率も無酸素系:有酸素系は50:50になり、その後有酸素系のエネルギー利用が増えてきます。つまり体脂肪がエネルギーとして利用され脂肪代謝されます。
脂肪を減らしたいのであれば、20分以上運動すると効率的というのは事実ですが、「20分過ぎないと脂肪は燃えない」は言い過ぎです。

これまた、驚きです...誰に聞いても、「20分はカラダ動かさないとダメだよ」と声を揃えて言いますし。

石川:後は、「乳酸は疲労物質だ」みたいな話も厳密には違います。乳酸はエネルギーをつくりミトコンドリアで利用されていること、また運動中は心臓の筋肉で乳酸が多く使われることが研究でわかってきたんですよ。
乳酸=疲労物質ではありません。昔は判明していなかったので、良くないと言われていましたが、実は違うんです。
乳酸は糖を利用する途中で生じるものですから、老廃物ではなくエネルギー源です。カラダを動かした後に口にするスポーツドリンクなどにも乳酸が入っていますし、肉、魚、ヨーグルト、ワインなど、実は色々な食品にも含まれていて、乳酸は食事でも多く摂取されているんですよ。

<プロフィール>

株式会社バスクリン
広報石川泰弘/IshikawaYasuhiro
昭和37年12月生まれ 東京都出身
順天堂大学大学院スポーツ健康科学研究科博士

<資格>
・温泉入浴指導員(厚生労働省規定資格)
・睡眠改善インストラクター(日本睡眠改善協議会認定資格)
現在、全国各地で温泉や入浴、睡眠に関する講演を実施。講演やセミナー各地で話題となり、出演依頼が後を絶たない。
講演数は163回(2014年12月末現在)にも及ぶ。
また、「お風呂博士」としてTVや雑誌、ラジオへも多数出演。

コラム一覧へ