コラム一覧へ

2019年02月20日

世界最大級のスポーツ見本市「ISPO(イスポ)」の魅力とデサント受賞商品紹介

ドイツのミュンヘンで毎年開催されるスポーツ見本市「ISPO MUNICH(イスポ ミュンヘン)」をご存知でしょうか?
まだ知らない方のために、ISPOの魅力と過去にアワードを受賞したデサントの商品をご紹介します。

スポーツ見本市「ISPO MUNICH(イスポ ミュンヘン)」とは?

「ISPO MUNICH(イスポ ミュンヘン)」とは、ドイツのミュンヘンで行われる国際スポーツ用品・ファッション総合見本市のことで、その規模は世界最大級との呼び声も高いビックイベントです。
歴史も長く1970年からスタートし、当初は25カ国、816社の出展から始まったのですが、40年以上の年月を経て、今や120カ国、2,700社以上の企業が出展するまでに成長しました。2018年1月開催の前回は、なんと85,000人を超える来場者数となり、大いに盛り上がりをみせました。
ISPOは、まさに世界中のスポーツ産業におけるグローバルプラットフォームとしての先駆者となっています。

ALLTERRAINのISPO出展への道のり

ALLTERRAIN(オルテライン)はデサントブランドのコレクションのひとつ。そのALLTERRAINがISPOに初めて出展したのは、2013年FWシーズンからで、2019年現在、7年連続の出展に至っています。

ALLTERRAINは、機能的なプロダクトデザイン追及というスポーツブランドとしてのフィロソフィーのもと生まれ、語源はallと、地形という意味のterrainを組み合わせた造語です。
さらには、特定の年齢層や、特定のシーン、領域というものをあえて考えずに、かつ流行に流されない真のモノづくりはなにかということに取り組む、このことをデザインの根幹においています。

その中でのISPOへの出展は、まさにデサントのものづくりの素晴らしさや真髄を世界中の人々へ伝えたいという想いのもと実現されました。

ALLTERRAINは、今やスポーツウエアという領域だけにとらわれず、イタリアで開催されるPITTI UOMOや、フランス開催のMAN PARISなどの欧州各国の展示会でコレクションを発表し、ネットワークを広げ続けています。

世界中の優秀作品が集うISPOアワードとは?

世界各国の作品が出展するISPOにおいて商品のコンセプト、デザイン、技術、環境への配慮などの項目で厳正な審査のもと、優れた製品だけに授与される名誉ある賞がISPOアワードです。
この賞は「アウトドア部門」「アーバン部門」「チームスポーツ部門」など5つの部門で賞を争っています。

優秀賞には「ISPOアワード(WINNER)」が贈られ、もっとも素晴らしいとされる作品には最優秀賞「ISPOアワード金賞(GOLD WINNER)」の称号が贈られます。

会場内には、その年のアワード作品が展示されており、審査員が受賞作品を選出しています。
審査員は、インターナショナルで有能かつ独立した立場の人が担っており、ドイツ・フランス・イタリアなど各国から各部門の権威が集まっています。2019年のISPO審査員チームは45名で構成されました。

このような確かな目を持った審査員が選んだアワード作品をチェックするだけでも、ISPOの魅力を思う存分に体感できるのではないでしょうか。

デサント・イノヴェイトブランドのISPOアワード受賞

ISPOで認められた作品にはアワードが贈られますが、デサントでも『デサント』ブランドと『INOV-8(イノヴェイト)』ブランドでGold Winner(金賞)Winner(優秀賞)を2013年から毎年受賞を続けており、年々評価も高まっています。

2019年開催は2月3日~2月6日にかけて展示会が行われ、今年はオルテラインでISPOアワードGold Winner(金賞)1点、スキーでWinner(優秀賞)1点受賞することができました。

ここでは、金賞を獲得したMIZUSAWA DOWN JACKET "VARIANT" (水沢ダウンジャケットヴァリアント)をご紹介します。

※2019年ISPOアワード授賞式の様子

2019年:GOLD WINNER(金賞受賞)
アーバン部門
MIZUSAWA DOWN JACKET "VARIANT" (水沢ダウンジャケットヴァリアント)

水沢ダウンジャケットの2019FW 新モデル「VARIANT」。熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工により、水分含浸を防ぎ、高い耐水性を実現。表地には高耐水・透湿性能を兼ね備えたコットンライクでナチュラルな風合いが特徴のCEBONNER® HORNS NYLONを新採用。フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内の不快な熱や湿気を逃がすことが可能。左胸にジッパーポケット、右胸にオリジナルのマグネットスナップATTRALOCを備えたスタッシュポケットを配備。また、内衿の収納フード部分は衿裏に配したQuickBurst®ジッパー※1により容易で素早いフード開口を実現。

※1 救命胴衣などに採用されている特殊なジッパー。部分的にエレメントが離れた設計になっており、その部分に力を加えると容易に素早くジッパー全体の開放が可能。

こちらの商品は、2019年秋頃発売となりますので、お見逃しなく!



続いて、過去にGold Winner(金賞)の称号を得た商品の数々を年度ごとにご紹介します。

2013年:GOLD WINNER(金賞受賞)
パフォーマンス部門
TRANSFORM JACKET(トランスフォームジャケット)

シームシーリング加工を施したフーデッドジャケットと、保温性・はっ水性・柔軟性に秀でた軽量中綿「プリマロフトONE」を採用したパディングベストからなる「2in1ジャケット」。ディタッチャブル機能を備え、3通りの着こなしを実現。ユーティリティー性能にも秀でたコンセプチュアルデザインモデル。

2014年:GOLD WINNER(金賞受賞)
パフォーマンス部門
PARAHEM W-MOTION HOODED JACKET(パラヘムダブルモションフデッドジャケット)

高透湿、防水素材サプレックスウーブン2.5Lを表地に採用したプルオーバージャケット。主要縫製部分には生地の裏側からシームテープ加工を施し、優れた撥水・防水性を実現。また、フード着用時のフィト性を高めるために、フード内部にエアーポンプを内蔵したデサント独自の機能『エアーインフレーター』を装備。フード着用時にもクリアな視界を確保します。サイドに配したパラジップにより、片手でジャケットのサイドを大きく開けることができ、プルオーバーでありながら容易に着脱が可能です。

PARAHEM W-MOTION HOODED JACKETの機能性を一部受け継いだPARAHEM PACKABLE HOODED JACKET(パラヘムパッカブルフーデッドジャケット)はこちら

2015年:GOLD WINNER(金賞受賞)
スキー部門
MIZUSAWA DOWN JACKET ”STORM”(水沢ダウンジャケット“ストーム”)

水沢ダウン2015FW新モデルの「ストーム」。熱接着ノンキルト加工とシームテープ加工による高いウォータープルーフ性能に加え、雨天時、胸部分にデザインされたStreamLine Technologyは水の流れをコントロールしポケット部分への水の流れを抑制。またフード部分のStreamLineTechnologyは水滴が落ちる方向をサイドに流すことで視界を確保。フロントジッパー部分に採用されたデュアルジップベンチレーションは、2列のジッパーとその間に配置されたメッシュ生地によりジャケット外より空気を取り込み、衣服内にこもりやすい不快な熱や湿気を逃がすことが可能。さらにフード部分には雨などの悪天候下での着用も考慮しフードに水たまりを防ぐ「パラフード」システム※1を搭載。

※1 フード部分にパラジップを採用しフードを使用しない際は閉口が可能。また、フード必要な際はパラジップによりすばやいフード開口が可能。

2015年:GOLD WINNER(金賞受賞)
パフォーマンスアクセサリー部門
イノヴェイト「Race Ultra 10」レースウルトラ10

身体にフィットするフルベストタイプのバックパック。胸前部左右のポケットの他に、サイドには出し入れに便利なメッシュポケットを配置。チューブ付きソフトフラスク500ml(別売:¥3,000+税)を使うとレース中の補給もスムーズ。容量5Lと10Lの2タイプがあり、ウルトラレースにも対応可能。

2016年:GOLD WINNER(金賞受賞)
パフォーマンス部門
イノヴェイト「AT/C サーモシェルHZ」

ポーラテックアルファ®を使用し、軽量ながら、保温性、高い透湿性を実現したハーフジップシェル。
ポーラテッククォンタム®も併用することで防風性とはっ水性も兼ね備えたシェル。

2017年:GOLD WINNER(金賞受賞)
アウトドア部門
MIZUSAWA DOWN JACKET “SCHEMATECH-M”(水沢ダウンジャケット“スキーマテックM”)
オルテライン5周年コレクション

DESCENTE ALLTERRAIN5周年を記念した水沢ダウンジャケット限定モデル。表地にユニークな2層素材SCHEMATECH STRETCH DOBYを採用。特殊なドビー織りにより部分的に高強度のコーデュラ®ナイロンを織り込んだ生地が特徴的。バックパックなどによるダメージが起こりやすい肩や裾廻り、肘部分にコーデュラ®部分が来るように設計。ジャケット両サイドにはBoaクロージャーシステム※1を装備。ジャケットと身体の空間を調整することで冷気の進入を抑制し、効率よく保温性を高めることが可能。さらにフード部には雨などの悪天候下での着用も考慮しフードに水たまりを防ぐ「パラフード」システム※2を搭載。また袖口には雨に濡れてもホールド力を保ち、フィット性に優れるブロックフィットアジャスターを新採用。

※1 Boa Technology Inc.によって開発されたフィットシステム。快適で軽量、単純にダイヤルを回すだけでお好みのしめつけを得ることが可能。軽量で耐久性高く素早く便利に操作できるよう仕上げられた快適性の高い独自システム。
※2 フード部分にパラジップを採用しフードを使用しない際は閉口が可能。また、フード必要な際はパラジップによりすばやいフード開口が可能。

【審査員コメントを抜粋】
"I think it is one of the best fitting jackets filled with down with nice functionality and strong fabrics. I love the lining, it is really comfortable."
(Marek Swiech, Polar Sport Warsaw, Client Service)

2017年:GOLD WINNER(金賞受賞)
アウトドア部門
SCHEMATECH BOA SHELL JACKET(スキーマテックボアシェルジャケット)
オルテライン5周年コレクション

DESCENTE ALLTERRAIN5周年を記念したシェルジャケット限定モデル。表地にユニークなシェル素材SCHEMATECH STRETCH DOBYを採用。特殊なドビー織りにより部分的に高強度のコーデュラ®ナイロンを織り込んだ生地が特徴的。バックパックなどによるダメージが起こりやすい肩や裾廻り、肘部分にコーデュラ®部分が来るように設計。フード部には軽量で耐久性が高く、ダイヤルを回すだけで素早く便利に着用時のフィット性を高めることができるBoaシステム※1を装備。さらに両胸には、グローブを装着したままでも操作性の高いステルスジップポケットを搭載。また袖口には雨に濡れてもホールド力を保ち、フィット性に優れるブロックフィットアジャスターを新採用。

※1 Boa Technology Inc.によって開発されたフィットシステム。快適で軽量、単純にダイヤルを回すだけでお好みのしめつけを得ることが可能。軽量で耐久性高く素早く便利に操作できるよう仕上げられた快適性の高い独自システム。

【審査員コメントを抜粋】
"This waterproof and windproof nylon woven fabric is ideal for a versatile shell. It is stylish, light, highly elasticand easy to wear.
" (Anders Engström, Alewalds Outdoor & Sports, Owner and CEO)

2017年:2018年:GOLD WINNER(金賞受賞)
ヘルス&フィットネス部門
FUSIONKNIT "CLICK"(フュージョンニットパラヘムジャケット“クリック”)

異なる様々な機能性を融合(FUSION)させ、究極の快適性・運動性を目指して開発を行った「フュージョンニット」シリーズハーフジップジャケット、”CLICK”。特殊なリブ編み構造のスキーマテック・エンジニアード・ニット※1を採用し、パーツ毎に編み方を変化させる事でパーツ毎に異なる機能性を持たせました。ニットソーの製法を応用し、主要部にスーパーソニック加工(超音波溶着加工)を採用する事で肌面の快適性とストレッチ性を両立。ジャケットサイドに配したパラジップ※2により、片手で容易にジャケットのサイドが大きく開口し、プルオーバージャケットでありながら非常に容易な着脱が可能。さらには本シリーズ専用パターンであるパフォーマ・カット※3により、パターンにおける運動性能をも追求している、新機軸スポーツウェアです。

※1 スキーマテック・エンジニアード・ニットとは、部位によって編み方を変化させることで、ストレッチ性や通気性など部位毎に異なる機能性を持たせることが可能な特殊生地。ニット特有のしなやかなストレッチ性と肉厚感により快適性と運動性を両立しました。
※2 パラジップとは、緊急時や素早い対応が必要なときに、従来のように下までスライダーを下げなくても開けられる新製品のファスナーです。スライダーを一番下まで引き上げ、テープを左右に引っ張ることで簡単に開くことができます。
※3 パフォーマ・カットとは運動性を追求するために開発を一から行ったフュージョンニット専用パターン。運動時の前傾姿勢に合わせて前身頃を後身頃と比べて小さく設定。また袖パーツも運動時の腕振りを阻害しないよう、前方方向へ腕を振りやすくしています。

【審査員コメントを抜粋】
A great piececombining traditional styling and modern finish. A perfect example of how knit technology can be translated into a cleanly styled yet sport-inspired hoody. (Louisa Smith | Louisa Smith Fashion)

「DESCENTE TOKYO」にてISPO受賞商品の展示

2019年2月6日に、東京渋谷・明治通り沿いにデサントブランド最大の新コンセプト旗艦店「DESCENTE TOKYO」がオープンしました。
地下1階から地上2階までの全3フロア展開で、フロアごとにコンセプト提案を行い「スポーツを意識することで得られる多様な恩恵を生かして自己をチューニングする」ことを提案しています。

【フロアガイド】
B1F:トレーニングウェアやシューズを展開しているほか、体の歪みに対する解決策を提案する「カラダバランス」を設置しています。

1F:野球用品を取り揃え、ユニフォームのカスタムオーダーや、鹿児島の「すすむ屋茶店」のティースタンドで日本茶を楽しんでいただけます。

2F:ALLTERRAIN、DESCENTE PAUSE、DESCENTE ddd、TRIATHLONを取り揃えたDESCENTE BLANC(デサントブラン)を展開。新たに「NUMABOOKS」が厳選した書籍の販売コーナーと不定期でトークショーやワークショップを開催するイベントスペースもあります。

DESCENTE TOKYOでは、2019年2月6日~3月7日にかけて、ISPOアワード受賞作品の一部を期間限定で展示しております。

アーカイブモデルやここでしかチェックできない商品もあるため、一度、店頭へ足を運んでみてはいかがでしょうか。

【SHOPINFO】
DESCENTE TOKYO(デサントトウキョウ)
〒150-0001
東京都渋谷区神宮前6-19-21
TEL: 03-6804-6332
OPEN:11:00~20:00
tokyo.descente.com

コラム一覧へ