コラム一覧へ

2019年05月07日

紫外線から身を守るマイナス3℃差クーリングとUVカット
「サンスクリーン」とは?

これから夏本番を迎えるにあたり、紫外線が気になる季節になってきますよね。特に野外でのスポーツは日差しがきついため、身体への負担も大きく体調を崩すケースも少なくありません。熱中症を防ぐために日焼け止めや長袖シャツなど着用し対策をする方も多いはずです。
そこで、今回は暑い季節にこそ着用していただきたいデサントおすすめのクーリングとUVカット機能を搭載した「サンスクリーン」について、R&Dセンター の担当者にお話を伺いました。

サンスクリーンとは?

「サンスクリーン」は、赤外線の反射率をアップすることで太陽光の熱を遮り、ウェアやウェア内の温度上昇を抑えるクーリング機能を発揮する機能です。
まるで日傘のように太陽の光をブロックし、生地自体が熱くなりにくいので、快適にスポーツを楽しめます。
カケン法による遮熱性試験にて当社従来品と比較すると、サンスクリーン機能搭載の商品は-3度差涼しく感じられることが検証されています。


カケン法による遮熱性試験の検証結果
屋外で15分経過後のシャツをまくり上げたマネキンのサーモグラフィー

サンスクリーン搭載の商品を検討しているのですが、いくつか質問しても良いでしょうか?

R&Dセンター機能開発部 機能・品質開発課の富永です。サンスクリーンについては私がお答えしましょう!

サンスクリーンの機能のメカニズムを教えてください。

外からの熱を遮ることを「遮熱」クーリングと呼んでます。特徴としては、太陽光に含まれる熱線を遮ることで衣服内の温度上昇を抑えています。

いつ着用するのがおすすめですか?

気温35℃以上の猛暑日(酷暑日)と呼ばれる日差しの強い日に着用することを推奨しています。特に日差しが苦手な方におすすめです。

UPF値とはどのような意味ですか?

UPF値とは、オーストラリアや米国で一般に使用されている紫外線防止指数の略称です。UPF15以上で効果的と言われています。

どうしてサンスクリーンは涼しく感じるのですか?

熱源である赤外線の反射率を高めているため、涼しく感じます。(※従来品の-3度差)

※従来品…サンスクリーン機能が付いていないウェア。生地の厚さや素材など、条件を合わせて様々なタイプと比較実験。(薄手ポリエステル同士、厚手綿ポリ同士…のような比較の仕方)


生地自体は熱くなりますか?

太陽光を反射し、生地自体も熱くなりにくいので、快適にスポーツを楽しめます。

富永さんありがとうございました。

サンスクリーン搭載の商品は各ブランド取り揃えていますので、夏に向けて検討してみてください!

サンスクリーン搭載商品

<お話を伺った方>

富永 直斗

1989年生まれ 北海道出身
R&Dセンター 機能開発部 機能・品質開発課

信州大学 繊維学部 卒業
信州大学大学院 繊維感性工学専攻 修了

2014年デサント入社
小学3年から大学3年まで野球部に所属

◆コメント◆
アパレルやグッズを通じてユーザーに快適を提供できる様、開発に取り組んでいきます。

コラム一覧へ