コラム一覧へ

2019年05月28日

デサントのきれいめパンツのここがスゴい!スタイリスト小笠原吉恵さん絶賛の理由

「動きやすいパンツが欲しい、でもスタイリッシュに見せたい」。こんな欲張りな女性たちの思いが叶うデサントのきれいめパンツ。ジョギングやヨガ、子どもとの外遊びなどのアクティブなシーンでも、ママ友とランチやショッピングなどの日常シーンでも、着用しやすいアイテムです。種類は3タイプ。スタイリストの小笠原吉恵さんに、利用シーンや使い勝手について「ここがスゴい」というポイントと、コーディネートについてうかがいました。

パンツウエア選びの「あるある」

最近のスポーツウエアは、ファッション性を意識したものも増えてきましたが、機能性にこだわるとデザイン性が乏しかったり、一方でおしゃれなウエアは機能的ではなかったりということが多い気がします。まずは小笠原さんが日ごろパンツ選びで感じることを教えてください。

小笠原 パンツスタイルの(←スポーツウエアに限らず、ジーンズなどズボン全般についてを意味しています)ときによく感じるのは、歩き回ったり、仕事柄、撮影でかがんでひざを着くことも多いため、ひざ部分の生地が伸びてしまいがちになること。また、モデルさんのスタイリングなどでも絶えず動きまわっていて、気が付くとパンツの素材が毛羽立っていたりしますね。

デサントが展開するパンツシリーズは、スポーツウエアとしてはもちろん、普段使いにも履けるようにと、女性スタッフが企画した商品です。スタイリストである小笠原さんから見て、いかがですか。

小笠原 まず、触り心地がいいですね。肌になじむしっとり感がありながら、水分をため込まないさらっと感もある。私がスポーツウエアを選ぶ際には着心地を重視しているので、肌触りはまずチェックするポイントです。汗をかいたときにも快適かどうかは、スポーツをする方にとっては外せないですよね。

お子さんがいる方の場合、噴水のある公園や水辺に行って、水に濡れてしまう機会がありますよね。そんな時や、突然の雨が降ってきた時にこのパンツは強い味方になってくれそう。
スポーツウエアは、生地がテカっていたり「いかにもスポーツシーンで着用する」という見た目になりがちなのですが、このパンツにはそれがない。縫製の仕方に工夫があるのか高級感も感じられます。生地そのものが、立体的に見えるような裁断が施されているんだと思います。


シルエットについてはいかがでしょうか。

小笠原 腰回りがかなりスッキリ見えるというのが第一印象です。
私はO脚なので、パンツを購入するときには、脚がきれいに見えるかどうかひたすら試着するのですが、このパンツはその点も全く問題ない。何よりカッティングが考えられていて、脚が長く見えるのも嬉しいですね。レギンスタイプのパンツではカッティングが立体的なものをよく見かけますが、スポーツウエアでここまできれいに見せられるのは、なかなかないと思います。

タイプ別 デサントきれいめパンツのここがスゴい

トレーニング七分丈パンツ


3種類のパンツそれぞれについてうかがいたいと思います。まず、トレーニング七分丈パンツの利用シーンについて教えて下さい。

モデル着用品番
DMWNJA56 / WH グラフィックTシャツ
DMWNJD85 / BK トレーニング七分丈パンツ

トレーニング七分丈パンツ

ストレッチの効いた布帛素材を採用した七分丈トレーニングパンツ。裾の外側にあるダーツは、肌にあたる側をフラットに仕上げて快適に。表側にあえて出した縫い代には、テープ加工を施しアクセントとして昇華しました。計算されつくしたデザインで、汎用性の高いアイテムです。

【カラー】ブラック、グレー、ネイビー
【機能】 はっ水、ストレッチ
【素材】 ポリエステル87%、ポリウレタン13%
【サイズ】S、M、L、O、XO
【価格】5,900円(税別)

小笠原 夏場のレジャーにもよさそうですね。1枚でもOKですし、少し寒く感じるときは、下に10分丈のレギンスを合わせてもいいと思います。キャンプやフェスなどにも履いて行けそうです。肌への密着感が心地よいので、ヨガにもいいのではないでしょうか。

他のパンツもそうですが、サイドのポケットが縫い目も目立たずスッキリ作られていて、パッと見では気づかないほど。合わせるスニーカーは、鮮やかな濃い目の色のものにするとアクセントになっていいと思います。

トレーニングアンクルパンツ


続いて、トレーニングアンクルパンツについてお願いします。

モデル着用品番
DDMWNJF11 / WH ハニカムクロス トレーニングジャケット
DMWNJD84 / BK トレーニングアンクルパンツ

トレーニングアンクルパンツ

ストレッチの効いた布帛素材を採用したトレーニングパンツ。裾の外側にあるダーツは、肌にあたる側をフラットに仕上げて快適に。表側にあえて出した縫い代には、テープ加工を施しアクセントとして昇華しました。計算されつくしたデザインで、汎用性の高いアイテムです。

【カラー】ブラック、グレー、ネイビー
【機能】 はっ水、ストレッチ
【素材】ポリエステル87%、ポリウレタン13%
【サイズ】S、M、L、O、XO
【価格】6,900円(税別)

小笠原 リラックスウエアとして活躍しそうです。女性の体の曲線に合わせて設計されているので、女性らしく見えるのが特徴です。トップスは腰辺りまでなど丈が短めのものを合わせることで、ラインの美しさを生かせるでしょう。腰回りを隠してしまうのはもったいないので、トップスはスッキリ目のコンパクトな物を選んで欲しいですね。

スポーツシーンとしては、トレーニングやジム、ランニングなどに向いています。細身ではありますが、適度なゆとりがあるので、ピタッとしているパンツが好きではない方でも履きやすいと思います。
自転車に頻繁に乗る方は、パンツのひざがすぐに出てしまう、という経験があると思いますが、このパンツならストレッチが効いているのと、素材がかなりしっかりしているので、ヘビーに履いてもその心配が軽減されるのは嬉しいですね。しわにもなりにくく、跡もつきにくそうです。

やや余裕のあるフィット感なのと、アンクル丈なのでべたつかず、梅雨の時期におすすめしたいスポーツウエアです。

PT ZERO アンクルパンツ


最後に、アンクル丈のPT ZEROアンクルパンツですが、どのようなシーンで活用できそうでしょうか。


PT ZERO アンクルパンツ

膝の屈曲や、ランニング中の大きな股の動きなど、人体解剖学的な視点から開発を行ったPT ZEROパターンを取り入れたパンツです。トレーニングにはもちろん、スポーツ前後の移動など、幅広いスタイリングに取り入れやすいデザインです。

【カラー】ブラック、グレー、カーキ
【機能】はっ水、ストレッチ
【素材】ポリエステル86%、ポリウレタン14%
【サイズ】S、M、L、O、XO
【価格】10,900円(税別)

小笠原 仕事前にジムに行って、そのまま通勤もできるくらい、スタイリッシュで形のきれいなスポーツウエアです。オフィスカジュアルとして着用しても違和感ないと思います。ブラックとグレー、カーキの3色展開で、いずれもどんな色にも合わせやすいので、お持ちのブラウスなどとの組み合わせにも迷わなくて済むと思います。

スポーツシーンでは、ジムのほか、トレーニングやジョギング、ウォーキング、ヨガなど、どんな場面にもいいでしょう。ポケットはファスナー式でたっぷりしているので、スマートフォンや財布など、落としたら困る小物はここに入れれば、ウェストポーチなども不要でスポーツが楽しめます。しかも、多少厚みのあるものを入れても、あまり膨らんで見えず、カッコ悪くならないのもとてもいいですね。
蒸れやすいひざ裏の部分に通気孔が付いているのも嬉しいポイントです。

すっきりして見えるのに細すぎず、腰周りも立体的に引きしまって見えるので体型を選ばないでしょう。日常のファッションの延長で、スポーツをおしゃれに楽しめそうですね。

小笠原さんがスタイリングを伝授!トップスとの組み合わせ4選

最後に、3種類のパンツで、Tシャツやパーカなど、スポーツシーンで着こなすトップスとの組み合わせをスタイリングしていただきました。

① 屋外でのランニング時におすすめ

【小笠原さん スタイリングのポイント】
着用シーン: ランニングやジョギング、ウォーキングなどにおすすめ!

長袖・長ズボンで、屋外でも日焼けしにくいスタイリングにしました。
パーカーは、指穴付きなので、手の甲まで覆って紫外線を軽減できますね。

組み合わせ : パーカーの黄色がビビッドなので、インナーのTシャツはボトムスのカーキと同系色のグリーン系で落ち着いた色合いの物をセレクトしました。黄色が明るい色合いですが、パンツがトーンを落ち着かせてくれるので、ごちゃつかず大人の女性にも合うスタイリングだと思います。フードのフチに入っている赤いラインがアクセントになっています。

【使用アイテム】
ボトムス:PT ZERO アンクルパンツ/カーキ
パーカー:ハニカムクロス トレーニングジャケット/イエロー
Tシャツ:モイスチャーニット Tシャツ/グリーン


② ヨガやジム、トレーニングにおすすめ

【小笠原さん スタイリングのポイント】
着用シーン: ヨガやジム、トレーニング、ウォーキングにおすすめ!

組み合わせ : 腰回りが女性らしくきれいなパンツなので、ウエストのラインが少し出るように、トップスをTシャツ1枚で軽めにスタイリングしました。Tシャツの丈が長めであれば、パンツに少しインすることで脚も長く見えますし、スッキリした印象を与えます。
ネイビーのパンツには、暖色系を合わせるとかわいらしく仕上がります。淡い色を組み合わせてもいいと思います。

【使用アイテム】
ボトムス:トレーニングアンクルパンツ/ネイビー
Tシャツ:サンスクリーンハイゲージ Tシャツ/ピンク杢


③ 買い物もOK!なアスレジャースタイルにおすすめ

【小笠原さん スタイリングのポイント】
着用シーン: このまま、お買いものにも行けそうなアスレジャー(アスレチック(運動)とレジャー(余暇)の造語。スポーツウエアを普段着に取り入れた)スタイル。通勤の前後にジムに行くようなアクティブな女性をイメージしました。

組み合わせ : モノトーンでまとめて、シャープな印象を出しています。キャップなどの小物に差し色を入れてもいいですし、すべてモノトーンでまとめてクールに仕上げても格好いいと思います。

【使用アイテム】
ボトムス:トレーニングアンクルパンツ
パーカー:サンスクリーン トレーニングジャケット/アイスホワイト


④ 夏のレジャーにぴったりなスタイル

【小笠原さん スタイリングのポイント】
着用シーン: ヨガやジムなどでの着用を想定しています。芝生の上や、海辺など屋外でのヨガにもいいと思います。その他、公園で遊ぶときや、キャンプやフェスなど、夏のレジャーにもぜひ着ていきたいですね。

組み合わせ : ニュアンスカラーでまとめて、涼しげな雰囲気にまとめました。Tシャツは肩にカッティングが入っていてデザイン性も高く、1枚でもおしゃれな印象になります。

【使用アイテム】
ボトムス:トレーニング七分丈パンツ/グレー
Tシャツ:ウォーターブロック Tシャツ/アイスホワイト

まとめ

スウェットなどとは異なり、機能性もさることながらキレイめ感もあるデサントのパンツシリーズ。いずれも女性の体型を詳細に研究した上で設計されているので、着てみると体へのフィット感やシルエットの美しさを実感するはず。小笠原さんのスタイリングも参考に、スポーツシーンや日常使いに活用してみてはいかがでしょうか。

<プロフィール>

スタイリスト 小笠原吉恵さん

武蔵野美術大学金属工芸コース卒業後、アシスタントを経てスタイリストとして活動開始。主なジャンルは広告、カタログ、映画、アーティストスタイリング等。レディース、メンズ、キッズと幅広く手がける。

コラム一覧へ