コラム一覧へ

2020年05月21日

お悩み別!春夏のランニング・ウォーキングで使えるアイテム14選

外出自粛の影響で運動不足が気になり、一人でもできるランニングやウォーキングの頻度が増えた、という方多いのではないでしょうか?しかし、気持ちのいい春が終わってしまうと、外での運動は日焼けや汗などちょっとしたお悩みも増えてきます。そこで、ランニング・ウォーキングをちょっと快適にしてくれるアイテムをお悩み別にご紹介していきます!

1. ジョギングエチケットしたい!

マスクやネックゲイターを着用してランニングをしている人を見ることが増えてきましたね。

こちらで紹介するのはトレイルランではマストアイテムですが、ロードランニングでも活用できるアイテムです。

頭に巻けばヘッドギア、手首に巻けばリストバンド、首を覆えばネックゲイターとしても使用でき、汎用性が高い2枚組セット。髪の長い人は使用しないときにはポニーテールの結び目部分に巻いても素敵です。

ネックゲイター

2. 日焼け対策したい!

お天気のいい日に外で運動するのは気持ちがいいですが、日焼け対策は怠ってはいけません。日焼け対策アイテムを体の部位別に紹介していきます。

頭を日差しから守るキャップのおすすめはこちら。

キャップ

袖の部分で日焼けしてしまうのは嫌だけど、アンダーシャツを着ると暑いし、腕だけのカバーも走っているうちにだんだんずれて下がってきてしまう・・・。という方必見、ボレロタイプのアームカバーはいかがでしょう?

腕を守るアイテム

日焼け防止以外にも、「走っているうちに暑くなった」という時に、タイツだと脱ぎ着に場所を選びますが、これならランニングパンツを脱がずに簡単に着脱できる、というのもおすすめのポイント。

レッグカバー

3. 暑い!

夏に使ってもらいたい2大機能素材があります。それぞれ効果を最大限発揮できる状況が違うので説明していきます。

① 湿度の高い日に:クーリスト

 

ジメジメと暑い高温多湿の状況において、汗をかいてもウェアを涼しくドライな状態に維持。さらに通気や換気機能により、ウェア内の熱を効率的に放出します。複合的に作用する優れたクーリング機能が快適な着心地を提供します。

クーリスト搭載おすすめアイテム

② 日差しの強い日に:サンスクリーン

 

ギラギラと日差しが照りつける屋外において、赤外線の反射率をアップすることで太陽光の熱を遮り、ウェアやウェア内の温度上昇を抑えるクーリング機能を発揮。さらに着るだけで紫外線をカット(UPF値15以上)。暑い時期の日差し対策に効果的です。

サンスクリーン搭載おすすめアイテム

4. ダイレクトにひんやり感を感じたい!

首に巻いて使えるクーリングアイテムはいかがでしょうか?

クーリングマフラー

水に濡らすと冷たくなる特殊な生地を使っています。

クーリングタオル

普通のタオルとしても使いたい!という方はこちら

5. ちょうどいいサイズのバッグが欲しい!

スマホや家の鍵だけならポケットにも入りますが、特に暑い時期は飲み物を持って走りたいという方もいますよね。

ウェストバック

まとめ

春夏のランニング・ウォーキングをちょっと快適にしてくれるアイテム、ぜひあなたのスポーツライフにも取り入れてみて下さいね。

コラム一覧へ