コラム一覧へ

2019年12月20日

日本代表トレーナーが考える、ケガをしないトレーニングシューズとは

デサントのランニングシューズGENTEN-ST

ランニングブームの中、“最初の入り口”としてジムのトレッドミルでランニングを始める人も増えているそう。負荷の低い“ランニング初級編”と言えそうですが、そこでも「シューズ選び」は重要な様子。全日本フリースタイルスキーのフィジカルコーチも務めたトレーナーの遠山健太さんに、ケガをしないトレーニングシューズ選びのポイントを聞きました。(ライター|有井太郎 カメラマン| 小田駿一)

室内も油断大敵。トレッドミルでもケガをする

ランニングを始めたばかりの方が、ジムのトレッドミルなど、室内で走り始めるケースは多いのでしょうか。

今はとても多いですね。ランニングがブームとなり、「これからランニングを始めたいけどどうすればいいかわからない」という方はたくさんいます。その中には、いずれ外を走りたくても、体力に自信がなかったり、ちょっと恥ずかしかったりして室内のトレッドミルからスタートする方も見られます。そこで問題になるのがシューズ選びです。

どういうことでしょうか。

ランニングを始めたばかりの方でシューズにこだわるケースは稀です。安価なものや、とりあえず聞いたことのあるブランドの商品を購入する。それはまだ良い方で、フィットネスクラブやジムの「貸し靴」で走るケースも多いんです。外の道とは違い、安全なトレッドミルですし、特別運動強度が高いわけでもない。。ですからシューズもこだわらない人が多いのですが、しかし初心者だからこそ、自分に合わないシューズで走るとトレッドミルでもケガをしてしまいます。

知らずに大きいサイズのシューズを履いている?

デサントのランニングシューズGENTEN-STを持ってインタビューに答える遠山健太

初心者がトレッドミルを走る場合でも、シューズ選びは重要ということでしょうか。

もちろんです。皆さんにやっていただきたいのは、きちんと自分の足のサイズを採寸してシューズを選ぶことです。というのも、通常シューズは、表示されているサイズより少し大きめにつくられています。私が開催したイベントで実際に大人、子どもの参加者約40名に事前にサイズを聞いた上で、採寸したのですが、自称サイズと実寸サイズでは約1cm自称サイズの方が大きいという結果が出ました。つまり26cmだと思っている人が実際足のサイズが25cmであり、そういう人が26cmのシューズを履いてしまうと、前述の通り靴はサイズよりも少し大きめに作られているため、自分の足のサイズより大きいシューズを履いてしまうことにつながります。

知らないうちに、サイズが合わないシューズを履いてしまうかもしれないと。

はい。大きめのシューズを履いてランニングをするとどうなるか。靴の前方に隙間ができるため、足の指が走るたびにシューズの前の方に移動し足のつま先とシューズの先端部がぶつかります。それが続くとは指の機能低下を促進し、外反母趾や浮き指などにもつながる場合もあります。

シューズの「サイズ」が腰痛を引き起こすかも

サイズの違いが悪影響をもたらすわけですね。

はい。ちなみに足の指が機能低下すると、足裏や足首もかたくなってきます。すると、足先を上にあげる“背屈”の可動域が狭くなってくる。背屈に制限がかかるとランニング時につま先が上がりにくくなるため、その分、股関節が脚部全体を上にあげようとします。このとき、股関節を曲げる筋肉群が過度に使われると、筋疲労を起こしてしまい、腰痛の原因になる姿勢不全につながってしまいます。

シューズ選びが腰痛にもつながってくる。

そうですね。特に初心者の方は気をつけなければなりません。腰痛の原因が、実はシューズ選びにあるかもしれないのです。ですから、ランニングを始める方は、安易にシューズを選ばず、自分の足とシューズをきちんと採寸して、ピッタリくるものを見つけて欲しいと思います。最低でも、足長(そくちょう)と足の横幅は測るべきですね。

ウェイトと併用できるシューズの条件とは

そのほか、室内でのランニングシューズ選びにおけるポイントはあるでしょうか。

フィットネスクラブだと、ウェイトトレーニングも並行して行うケースがあります。ランニング用、トレーニング用とシューズをそのたびに履き替えるのがベストですが、なかなかそれも難しいでしょう。であれば、ランニングとウェイト両方に適したシューズを選ぶべきです。ランニングシューズは靴のつま先とかかとの部分を持って両側から均等に力を加えたときに、前足部がしっかり曲がるものを選んでください。ウェイトトレーニングはアウトソールが固く安定していること、真っ平らであることが大事だと思います。選手にはフットサルやレスリング用のシューズを薦めています。このように両方の特長を兼ね備えていればランニングもウェイトトレーニングも靴を変えずにトレーニングできるでしょう。

ちなみに、ランニングの場所を室外にする際もシューズを変えた方が良いでしょうか

必ず変えるべきです。むしろそのタイミングを利用して、1ランク上のランニング用シューズを買うのが良いでしょう。それはモチベーションアップにもつながります。トレーニングの水準、トレーナビリティが上がる中でシューズもランクを上げていくと、より楽しく走れるのではないでしょうか。

デサントのランニングシューズ

<プロフィール>

トレーナーの遠山健太

遠山健太
トレーナー
 
株式会社ウィンゲート 代表取締役。東海大学スポーツ医科学研究所や国立スポーツ科学センタートレーニング体育館の非常勤指導員を経て、日本オリンピック委員会医科学強化スタッフ、全日本スキー連盟フリースタイルチームSCコーチを歴任。現在は日本フットフェア技術協会(JAFT)理事、一般社団法人健康ニッポンの代表理事などを務める。

コラム一覧へ