コラム一覧へ

2020年2月5日

「頑張って運動して後悔したことって一度もないんですよね」
〜宮沢氷魚さん、スポーツで進化する自分〜

宮沢氷魚さん
スポーツをすることの魅力とはなんでしょうか。健康になること。気持ちのリフレッシュができること。昨日より進化した自分を実感できること。そのすべてが大切だと宮沢氷魚さんは言います。ただ、スポーツ万能で知られるそんな宮沢さんでさえ、最近は少し運動から遠ざかっていた面もあるのだとか…。今回挑戦してもらった『HIIT』を通じて、改めて感じたスポーツの素晴らしさを、宮沢さんに語っていただきました。

本日は動画の撮影で「HIIT=High-Intensity Interval Training(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)」に挑戦していただきましたが、いかがでしたでしょうか?

正直、めちゃめちゃハードでした(笑)。短いインターバルでハードなトレーニングをするっていうの経験したことのないエクササイズだったので、今まで使ったことのない筋肉を使ったし、感じたことのない心臓の鼓動を感じました。新しい感覚でしたね。

特にきつかったものはありますか?

全部きつかったんですけど(笑)、強いて言えば腿上げ (ももあげ)が一番きつかったですね。僕はもともと野球部で現役の時は腿上げトレーニングはやってはいたのですが、今日やったトレーニングは20秒間、スタートから最後まで100%の力でやるっていう…。考えてみれば、 100%全力で腿上げなんてやったことないかも。後半は足が全然上がらなくなるし、体がもう悲鳴を上げてフォームが崩れてくるんですけど、そこを頑張って正しいフォームに 修正していくと、いい感じの疲労感に変わる。やっぱりトレーニングっていうのは、正しいやり方が大事なんだなって改めて感じました。

きつかったとは言いつつも、辛さより、爽やかさを感じます。

きついことはきついんですが、それと同じくらいか、それ以上に気持ち良さも感じました。こんなに汗をかいたのは久しぶり。やっぱり仕事に追われているとなかなか運動する機会が持てないんですよね。学生の時は野球や陸上をやっていて、当たり前のように運動していたんですが、ふと気がついたらこのところ全く運動していない…。今日のこの経験をきっかけに、また運動は続けていきたいなって思いました。

運動をした後に、体だけじゃなく気持ちの変化があったんですね。

何よりも達成感がすごくありました。途中しんどくてやめたいなって思う瞬間もあったけど(笑)、その気持ちに勝る達成感というか、なんとも言えない爽快感を感じることができた。特にこのHIITというトレーニングは、たった15分程度のトレーニングで効果を得ることができるっていうのが素晴らしい。これは本当に嬉しい発見でした。

ところで宮沢さんはこれまでどんなスポーツをしてきたんですか?

僕は5歳くらいから野球を始めて、それからサッカー、テニス、クロスカントリー、陸上、バトミントンと色々やってきました。といっても、いろんなことに興味があったというわけじゃなく、あくまで中心にあるのは野球。野球が上手くなるためにやっていたことなんです。例えばクロスカントリーですが、これはスキーのクロスカントリーじゃなくて山道を走る方。それを通じて足腰をしっかり鍛えて、野球に生かしたいという思いから始めたものなんです。テニスだったら集中力、バトミントンだったら瞬発力っていう感じで。

そこまで追及できることがすごいですね。

そうですね。スポーツ全般、なんでも好きなんです。いいと思ってやってみたいなって思ったスポーツは、とりあえずやってみたくなるんですよね。

最近は忙しくて、なかなか運動ができていないとおっしゃっていましたが。

今はできて、週に1〜2回のジョギングくらいかな。それは運動がしたいからっていうのもあるんですが、ストレス解消の意味合いもあります。どうしても仕事のことで頭がいっぱいいっぱいになる時があるので 、それを一旦リフレッシュするためとか、逆に運動しながらセリフを覚えたりとか。ジョギングに関しては、昔の自分とは違って、いろんな使い道があることを発見して。うん、それはやっぱり楽しいですね。

仕事で疲れてしまうとつい休むことを優先しがちなんですが、そこで踏ん張って外に出て運動すると、それに勝るいい意味の疲労感があって、夜にぐっすり寝られたりするんです。正直いって面倒臭いんですけど(笑)、でもやっぱりそういう時こそ運動は積極的にやるべきだなって思います。

さて、今回のトレーニングではルコックスポルティフのウエアを着用していただきましたが、いかがでしたでしょうか?

今日は全部で5着させてもらったのですが、どれも本当に動きやすかったですね。本当に。特に驚いたのが、汗をかいてもすぐ乾くということ。今日は本当にたくさん汗をかいたんですが、ちょっと経ったらかなり乾いているんですよね。その性能には驚きました。途中、変な話なんですけど(笑)、洋服を着ている感覚がなくなるというか。自分の体だけで動いているなっていう錯覚になりました。

中でもお気に入りのものがあれば教えてください。

今着ているこのウエアです。先日、展示会にお邪魔した時からすごく気に入っていたんですよね。僕は今は主に外でランニングするので、それにすごく最適だと思うんです。それに、運動するときだけじゃなく、ちょっと外に出たい時とかもいいじゃないかなと。僕の好きな細身のスラックスなんかと合わせても意外といいと思うんです。スポーツだけじゃなく、カジュアルな普段着としても着られるなって思いました。

では最後に宮沢さんが考える、スポーツをすること、体を動かすことの魅力を教えていただけますか。

単純に、気持ちがいいです。運動って、普通に生活しているとちょっと面倒くさくなる時があるじゃないですか。当たり前だけど疲れるし、時間も必要だし。だけど、サボりたい気持ちを乗り越えて頑張ってやってみて後悔したことが一回もないんですよね。今日もそうです。正直、今日はきついなって思ったけど、終わってみたらすごく気持ちがいい。この感覚っていうのは、なかなか他のメソッドで体感できるものじゃないと思うんです。体も健康になるし、運動して悪いことなんて何一つない。今後も続けていきたいと思います。

宮澤氷魚着用商品はこちら!!

コラム一覧へ