コラム一覧へ

2019年08月20日

白馬大池1泊2日の女子登山|北アルプスの絶景を求めて旅をする(前編)


7月7日七夕。朝だというのにどんより暗い空の下、わたしたちは長野県白馬岳の麓、栂池高原スキー場でゴンドラの始発を待っていた。長引く梅雨。二転三転する天気予報に翻弄されながら、なんとか晴れ間を期待してエイヤッと出発した。

ゴンドラリフトの乗り換え時には、もしかしたら晴れるかも?なんて期待したのに、ロープウェイから栂池ヒュッテに下りるとすでに大雨!慌ててレインウエアを上下に着込み、ザックカバーを付ける。天候が荒れることを想定して、レインウエアは2種持ってきている。マーモットのレインウエアはGORE-TEX®Pac-lite採用の2層のジャケット&パンツ。レインウエアなのに、しなやかな素材で着心地が良い。

ロープウェイを降りた別の乗客達は次々と栂池自然公園の建物に吸い込まれていく。それは、そうだろう、こんな天気だもの。白馬岳を目指そうという人なんてほとんどいない。雨に濡れた水芭蕉の花がわたしたちを見送ってくれた。

左:黄色のレインウエア TOWNJK02 GD ゴールド
左:紺色のGORE-TEXパンツ TOWNJD81 DNV ダークネイビー ※ 着用は旧モデル
右:水色のレインウエア TOWNJK02 BGT ブルーグラナイト
右:黒色のGORE-TEXパンツ TOWNJD81 BK ブラック

しっとりとした森もたまには良い。キャップとフードで視界は狭く、うつむきがちになるものの、逆に足元の花の美しさにハッとすることもある。花の名前というのは、なかなか覚えられないものだけれど、それでも愛でる心とは関係ないものだ。あちらこちらで色とりどりの花がわたしたちを楽しませてくれた。

天狗原を越えたあたりで雪渓に出会った。これがなかなか手強い急登で、残雪期特有の“腐れ雪”と呼ばれる緩くて滑る雪質に足を取られる。ストックをしっかり掴み、蹴り込みながら一歩一歩じっくりと登る。

左:黄色のレインウエア TOWNJK02 GD ゴールド
右:水色のレインウエア TOWNJK02 BGT ブルーグラナイト

そこから乗鞍岳を経て大池に至るまでは、もはやカメラを出すこともはばかられるくらい雨足が強くなり、とにかく黙々と小屋を目指して突き進んだ。

「こんにちは!」

「こんにちは、大変でしたねぇ」

白馬大池山荘に着くと小屋のスタッフの方が笑顔でねぎらってくれた。はぁ、よかった。ふたりでほっと胸をなで下ろす。白馬岳方面は真っ白で、そこに山があるかどうかもわからないような状態だ。

「もう今日はここで終わりにしましょうか」

小屋の方に相談をして、白馬山荘の予定を白馬大池山荘に変更した。そうと決まれば、レインウエアや汗をかいたTシャツなど、上から下まですっかり着替えて急いで冷えを防ぐ。温かいフリースにダウンジャケットに身を包み、ランチタイム。

左:ラベンダー柄のフリース TOWOJL42 LAV
右:白の1000FILL軽量コンパクトダウン TOWOJL28 GLC

ラーメンに手作りの煮卵を添える。なんでこうも山で食べるラーメンは美味しいんだろう!冷えたからだに染みわたる。やっと笑顔がこぼれた。

「山小屋でゆっくり過ごす時間も、山登りの醍醐味だよねぇ!」

昼前には着いたものだから、そこから夕食まで山雑誌や漫画を読みふける。温かいストーブの前で“行動食”をポリポリかじりながらくだらない話をする。たまに窓の外を覗いてみたけれど、やっぱり今日は厚い雲の中にすっぽり入ってしまったようだ。

とにかく連日の雨で荷揚げのへリがもう何日も上がっていないらしい。

「カレーなんですけど、いいですか?」

どんなカレーが出てくるのかと思ったら、これがまたものすごく美味しい。カレーに合う絶妙な硬さに炊かれた白米に、ゴロッとした具の入ったたっぷりのルゥ。おかわりもできますよ、と言われて歓喜したものの、ふと今日は全然歩いていないことを思い出し、最初の一杯をきれいにたいらげて夕食を終えた。

左:Tシャツ TOMOJA51 TER
右:Tシャツ TOMOJA50 SVM

山好き同士なら、どこに行ったとか、どこに行きたいとか、とにかく話が尽きないものだけれど、それが山小屋の夜となれば尚更だ。暴風雨から守られた屋根の下、消灯前までお気に入りのギアや山の計画などの話に花が咲いた。

明日はどうですかねぇ、と小屋の方に尋ねても表情は曇り顔。黒板の天気図では低気圧が日本の上にどんと居座っている。「まぁ、とりあえず、起きてみます?」と確認し合って朝4時に目覚ましをセットする。明日も朝からガスで真っ白なら下山するのみ。あぁ、景色見たかったなぁ。また来るしかないなぁ。全員が諦めモードで布団に潜る。朝4時のアラームで跳び起きることになるなど思いもせずに深い眠りについた。

後編へ続く・・・

TEXT&PHOTO|中島英摩

取材で着用した商品はこちら

コラム一覧へ