Little PETE from New York

マンシングウェアのペンギン
 “リトル・ピート” 誕生ストーリー

ペンギンがなぜMunsingwearのシンボルマークになったのか。
それにはこんな、おもしろいエピソードが…

1956年、当時Munsingwear社のセールスマネージャーであったアボット・ピーターソンのちょっとしたユーモアがその発端。
出張でニューヨークを訪れていたピーターソン、帰りのフライトが遅延してしまい、お酒を飲んで時間を潰すことにしました。
気持ちよくなって街を歩いていると、ふと目に留まった大きなペンギンの剥製を発見。
そのペンギンの剥製を購入し、自分のニックネームにちなんで
“リトル・ピート”
と名づけることにしました。

翌日、次の目的地へと向かう機内の中で、この物語の核心となる “歴史的な出来事” が起こったのです。
それは、アボットが機内へ持ち込んだピートが倒れて、首が折れてしまったのです。
それを見たフライトアテンダントは、アボットのネクタイを使って蝶ネクタイの様に結んで治し、こう言いました。
「かわいい彼ね、シャツに乗せたらすごく可愛いだろうね!」

こうしてマンシングウェアのペンギンアイコンが誕生しました。

そんなペンギン“リトル・ピート”と
由縁のある都市ニューヨークを柄とモチーフで表現したアイテムたち

2020FALL/WINTERシーズン スタイリングシート

※配布終了いたしました※

期間:2020年8月3日(月)10:00~

対象期間中、マンシングウェア商品をお買い上げのお客様には2020FALL/WINTERシーズンのスタイリングシートを同封いたします。

※1会計につき1冊となります。