GORE-TEX ジャケットメンテナンス



ゴアテックス GORE-TEX ジャケットメンテナンス



GORE-TEX ジャケットはきちんとケアをすることで
長く快適に使うことができます。

こちらのページではZp Comodo Jacketの洗濯方法、
はっ水回復方法、適切な保管の仕方をご紹介します。




~メンテナンスのメリット~
< シームテープ剥がれなどを防止し、製品が長持ち >


防水性や透湿性の性能を維持

体からはつねに汗がでています。
また日焼け止めや保湿クリームなどでも
ウェアの内側に汚れがつくことがあります。

これを放置すると
シームテープなどの接着部分が剥がれやすくなったり、
防水透湿膜であるGORE-TEX メンブレンの機能が低下します。

洗濯してウェアをキレイにしておくことでこれらを防止し、
ウェアを長く快適に使うことができます。





はっ水が回復する

ゴアテックス GORE-TEX ジャケットメンテナンス

はっ水が低下する原因のほとんどは
表面に付着した「汚れ」です。
洗濯をすると「汚れ」が落ち、
表面のはっ水加工が回復します。
汚れは目に見えるもの以外に汗や脂、煙、
雨の中に含まれているチリやホコリなど多岐にわたります。
はっ水機能が落ちたかなと思ったら
まずは洗濯をしてください。
GORE-TEX ウェアには
耐久はっ水加工(DWR)が施してあります。





一例として、Zp Comodo Jacketの洗濯方法をご紹介します。


ゴアテックス GORE-TEX ジャケットメンテナンス

【 洗濯取り扱い表示を確認 】


ゴアテックス GORE-TEX ジャケットメンテナンス

< 各マークの意味 >
①手洗い(液温は40℃以下)
②塩素系及び酸素系漂白剤使用不可
③低い温度でのタンブル乾燥可(上限60℃)
④陰干し
⑤アイロン可(ただし、スチーム無し、上限110℃)
⑥ドライクリーニング不可
⑦弱い操作のウェットクリーニング可
(参考:消費者庁発行リーフレット)





ゴアテックス GORE-TEX ジャケットメンテナンス

【 洗濯(手洗い)〜 乾燥 】


ゴアテックス GORE-TEX ジャケットメンテナンス

すべてのファスナーを閉めます。
袖口は一番広げた状態でベルクロを軽く止めます。
ドローコードは一番緩めておきます。

軽く畳んで押し洗いをします。


洗剤は、家庭用液体合成洗剤を
規定量よりやや少なめにいれます。
(柔軟剤、芳香剤、漂白剤は使用しないでください)

すすぎは多めがポイント。
洗剤残りははっ水低下の原因になります。

すすぎが終わったら水をきって、陰干しします。





ゴアテックス GORE-TEX ジャケットメンテナンス

【 はっ水回復 】


ゴアテックス GORE-TEX ジャケットメンテナンス

ウェアが完全に乾いた後、
温風乾燥機に約20分かけるとはっ水がより回復します。


アイロンの場合は、
低温設定、スチームなし、
あて布をしてゆっくりアイロンをかけます。
その際はファスナー部分などを避け、
生地のみにアイロンが当たるようにしてください。




【 はっ水剤への取り組みについて 】


GORE-TEXを展開するゴア社では
耐久はっ水加工(DWR)から
「環境への影響に懸念のあるPFC」を除去する取り組みを進めています。

この新しいはっ水剤(PFCec-free DWR)は、
Zp Comodo Jacketにも採用されています。

環境負荷の少ないはっ水剤を使用した製品につきましては、
よりこまめに洗濯及びはっ水回復を行い、
はっ水機能を維持して下さいます様お願い致します。


_________________________________