ABOUT

Penguin by Munsingwear

 
 
 

 
 

ペンギンバイマンシングウェアは、1886年にアメリカ、ミネアポリスで創業、1955年に世界初のニットのゴルフシャツを開発した『マンシングウェア』のカジュアルラインです。“リトルピート”の愛称で知られるペンギンをブランドアイコンに、過去のアーカイブデザインやパターンをコンテンポラリーにアップデートさせた日本企画と、アメリカニューヨークを拠点に世界50カ国以上で販売されているインポート企画をミックスし、次世代へと続く新たなアメリカンカジュアルスタイルを提案していきます。

ブランドコンセプト
   

ベーシック。スタンダード。クラシック。

Penguin by Munsingwearはその一つ一つのテーマのなかにある

名品と呼ばれるアイテムを、時代とともにUP-TO-DATE

次世代へと続くカジュアルウェアを提案していきます。

WE ARE WHAT YOU WEAR FOR THE GOOD TIMES.“

〝マンシングウェアらしさ、もっと自由に

ブランドの歴史は100年以上。歴史は宝物。

その歴史から生まれた名品達を復刻しアップデートすることができる

僕たちは幸せ者だなと思います。

ゴルフのマンシングウェアからは少し離れるけど、

日常で着るマンシングウェアを

〝ペンギンと名付けて

マンシングウェアらしさをもっと自由に

アップデートした宝物を提供します。

メンバー
 
 
    
 
  
Designer
カジさん(梶村武弘)

生涯アメカジスタイル。古着好き。ミリタリー好き。トラッドからミリタリーまでアメカジスタイルの遊びを知り尽くしている50代。よく高円寺と吉祥寺に出没します。
  
 
    
 
  
Merchandiser
まあちゃん(小森優敏)

2021年よりPenguin by MunsingwearのMDを担当。古着好き。アメカジ好き。ストリート好き。時々ハイブランドも好きな30代。よく中目黒と代官山に出没します。
  

ブランドヒストリー

 

 

マンシングウェアは、1886年にニットウェアメーカーとして誕生した伝統あるブランドです。1955年に世界で初めてニットのゴルフシャツを発表し、60年以上の永きにわたりゴルフシーンにおいて歴史を積み重ねてきました。ここでは、マンシングウェアの歴史と伝統を正しく受け継いでいくために、ブランド誕生にまつわるエピソードを記しています。

 

BRAND HISTORY

The Munsingwear brand refers to the iconic knitwear manufacturing company founded in 1886. In 1955, Munsingwear became the first manufacturer in the world to produce a knitted golf shirt, and over the last 60 years, it has developed into a major presence in golf courses everywhere. The following information is about the birth of the Munsingwear brand which will give you a greater understanding of the company’s history and tradition.

 
 
 

マンシングウェアのルーツ

 

マンシングウェア社は1886 年、アメリカ北部の都市ミネアポリスでニットウェアメーカーとして創業しました。当初はおもにアンダーウェアを生産していましたが、第2次大戦以後はスポーツシャツの生産も開始。編み立てから縫製までの一貫生産体制と厳しい品質管理によって優れた製品を送りだし、宇宙服にも採用されるほど高い評価を受けました。

1953年、世界初のゴルフ専用ウェアを開発するにあたって、全米のプロやアマチュアのゴルファー1500人に「理想のゴルフウェアをつくるために」というアンケート調査を行いました。当時はまだゴルフ専用のウェアがなく、ゴルファーがどのようなウェアを求めているかを分析するためでした。2年後の1955年、マンシングウェア社から世界で初めてのニットのゴルフシャツが誕生しました。その製品にはさまざまな工夫がありました。

脇には伸縮性のある「アクションガゼット」、長袖シャツの袖口にはソフトにフィットするフライス、袖まわりにはゆったりしたカッティングを採用。これらによって、テークバックのとき袖がたくし上がらず、肩にテンションもかからず、動きをスムーズにしました。また、スイングを繰り返してもシャツがスラックスからはみ出ないよう、後身頃が前身頃よりも少し長くなっていました。この製品は「唯一のゴルフウェア」として絶賛され、多くのプロゴルファーのみならず、当時の大統領やハリウッドの映画スターなど全米のアマチュアゴルファーにも愛用されたのです。

 

Munsingwear’s Roots

Munsingwear was founded in 1886 in the northern American city of Minneapolis as a knitwear manufacturer. Munsingwear was initially manufacturing underwear, but after World War II, it embarked on the manufacture of sports shirts. Munsingwear’s integrated production system and strict quality control resulted in such outstanding and highly acclaimed products that it was even chosen to be worn astronauts in space. In 1953, Munsingwear conducted a survey titled “Creating the ideal golf wear”, targeting1500 professional and amateur golfers throughout the United States towards developing the world’s first golf wear line. Apparel specifically designed for golf didn’t exist at the time, and the purpose of this survey was to identify the type of clothing golfers wanted to wear. Two years later, in 1955, Munsingwear released a knitted golf shirt, a world-first. Much consideration had gone into this product, with features including an elastic “action gusset” under the arm, soft, ribbed cuffs on its long-sleeved shirts, and a generous cut around the sleeve. This meant that the sleeves don’t rise during backswings and there was no tightness around the shoulders, facilitating smooth movement and action. Meanwhile, the back of the shirt was designed to be slightly longer than the front so that the shirt doesn’t ride up from the trousers even after repeated swings. This product was acclaimed as “the one and only golf wear”, and was embraced by many professional golfers as well as by amateur golfers including the President of the USA and Hollywood film stars. 

 


 

ブランドアイデンティティ

 

 

リトル·ピートの愛称で親しまれるペンギンのアイコン

 

マンシングウェアのシンボルマークであるペンギンはリトル·ピートの愛称で親しまれています。なぜペンギンなのか。その理由は、1956 年にマンシングウェアのセールスマネージャーがニューヨークでたまたま購入した剥製のペンギンを手にとり、飛行機に乗ったときのことです。座席で隣り合わせた老婦人に、「こんなかわいい鳥があなたのマスコットになればいいのに」と言われ、この言葉をヒントにペンギンをブランドのシンボルマークにすることを決めました。 その愛らしさで、大統領やハリウッドスターまで虜にしてきたリトル·ピートは、ブランドのシンボルとして、マンシングウェアの歴史と伝統、そして更なる進化への想いが込められています。

 

BRAND IDENTITY

The penguin mark known by everyone as Little Pete The penguin,

Munsingwear’s symbol is widely known as “Little Pete”. Why a penguin? In 1956 the Munsingwear Sales Manager purchased a stuffed penguin in New York, which he then carried onto his flight. An elderly woman sitting next to him on the plane commented on how cute it was, and that it should be the company mascot. Inspired by this comment, the Sales Manager decided to adopt the penguin as the brand’s symbol. As a brand symbol, Little Pete, who was beloved even by the President of the United States and Hollywood film stars for his cuteness, represents the history, tradition, and even further evolution of the Munsingwear brand.