大歳さゆりさん特集

2021.10.29

マンシングウェア公式アンバサダー
大歳さゆりさんSPECIAL

 

 

マンシングウェアの魅力をより多くの方に届けるために結成されたブランド公式アンバサダー。
たくさんのご応募の中から選ばれたアンバサダーは、自他ともに認めるゴルフラバーであることは勿論、トレンドにも敏感でアクティブな方たちばかり。
そんなアンバサダーの素顔に迫るインタビューコンテンツをお届けいたします。

まずは簡単に自己紹介をお願いします。
大歳さゆりです。
埼玉県出身の29歳で、大学を卒業してIT企業に入社をして7年目の会社員です。
平日はお仕事中心で、夜間大学院にも通っています。
ゴルフ歴は2年ほどですが、今では暇があれば頭の中はゴルフのことばかり考えるほど夢中で、週末はゴルフのラウンドや練習場に行くことが当たり前になっていますね。

普段はどんなお仕事されているのでしょうか?
主に営業企画系のお仕事をしています。
IT企業の立場で国内のキャッシュレス化、特に流通小売業向けのスマホ決済の営業企画を進めるお仕事をしています。

学生時代の夢は?
大学時代、サークルを作って情報媒体を発行していたこともあり、自身が考えたことを仲間と形にしていくことに面白さや魅力を感じていましたが、同時にその時自身がトップに立ってできることの限界も痛感しまして、大手企業を志望していました。
また並行して取り組んでいたアパレルの販売アルバイトの経験から、流通小売業や、なかでもITのポテンシャルに魅力を感じて、SIerに興味を持ちました。

大学院にも通われているというお話でしたが?
今、社会人7年目で大学院生1年目なのですが、6年くらい会社員をして様々な経験をさせてもらっているなかで、経営学についてきちんと学び直したいという思いが強くなりまして、国内MBAの夜間2年間のプログラムに通っています。
昨年末に思い立ち、冬季募集で大学院試験を受験しましたが、久しぶりの試験や面接だったのでドキドキでした。
通学することに対して背中を押してくれる周囲の環境にも大変感謝しています。
興味を持ったことに対して貪欲に、成長をしていきたいという一心で取り組んでいます。
体力勝負なところはありますが、卒業する頃には一皮剥けた自分に会えることを楽しみに頑張っています。笑

今でこそゴルフに傾倒をされていますが、学生時代からスポーツをされていたのでしょうか?
中高はバレーボールをしていました。
都内の女子校に通っていましたが、都大会に出場する程に頑張り、平日も土日も休みなしでバレーボールに取り組んだ楽しい青春でした。
大学に入ってからは先述の通りセレクトショップでアパレルの販売を4年間していました。
スポーツや、ファッション・グッズなど、私が好きな要素が満載なゴルフは、ハマること間違いなしだったかもしれませんね。

ゴルフ歴は2年半とのことですが、スポーツからも離れていたなかでゴルフを始めるきっかけは何だったのでしょうか?
趣味と呼べるものがなかったこともあり何か新しい趣味が欲しいと考えていまして、職場でゴルフコンペがよく開催をされていたことがきっかけで始めました。
普段接点があまりない方とも、年齢層幅広くゴルフを通して会話することができたり、始めて本当に良かったと感じています。
ただ、ゴルフのラウンドデビューは、過酷でして。

過酷なラウンドデビュー?
会社のゴルフコンペで職場の先輩方に連れて行ってもらってラウンドデビューしたのですが、それが1月の真冬で。
まだ右も左も分からないままだったのですが急いでゴルフクラブやキャディバッグを揃え、当日ゴルフ場に着いたら、気温がマイナス3℃でグリーンが凍っているみたいな。それはもう過酷な体験で。
スコアは142。
はじめて1年くらいは全然ハマらなくて。全然前に進まなくて辛いイメージしかなかったです。

それがなぜここまでハマっていったのでしょう?
負けず嫌いな性格だったからだと思います。上手くならないとつまらないと思いまして。
それでレッスンに通い始めて、毎週末ゴルフ練習に行くなどのルーティンができたことで少しずつハマっていった感じですね。
また、一人でも黙々と練習できて成長を感じることができたり、実践のラウンドでは、目の前のコースと、自身のその時の調子やスキルとを掛け合わせて考えてプレーするなど、自分スタイルで楽しめる要素が満載なところもハマったポイントだと感じています。

今はどのくらいの頻度で?
ラウンドは隔週で行くようにしています。
会社の先輩方や同僚とラウンドに行くことも多いですが、インスタでのコミュニケーションがきっかけでフォロワーさんとラウンドをしたりなど、最近ではゴルフをきっかけに出会った方々とラウンドすることが増えましたね。
ゴルフを始めたことで、今までの人生の延長では出会えなかったような方々と出会えるきっかけになったり、人生がより豊かになったと感じています。

インスタもハマってから始められたのでしょうか?
そうですね、2年くらい前ですね。
最初は成長記録のようなもので、毎週末に練習場に行って撮影したスイング動画を投稿していました。
何かがきっかけでフォロワーさんが一気に増えたということはなく、地味な動画でしたがありがたいことに少しずつ増えていって、多くの方に見てもらえることになったことも、もっと上手くなりたいと思うきっかけの一つになりました。
インスタグラムを見ていても、上手い方々が沢山いらっしゃるので、私も刺激を受けながら上手くなれたらと思っています。

ゴルフ始められる前と後の印象って違いますか?
ゴルフは格式高くて簡単に始められるものでないだろうと思っていましたし、最初は会社の周りの人たちがよく口にしていたゴルフ用語も理解できず、ハードルは高い印象でしたね。
ですがゴルフを始めてみると、初心者や女性向けのスクールやイベント、モチベーションを高めてくれるウェアやグッズなどがたくさんあって、とにかく楽しくゴルフを続けてこられました。
最初は勇気もいりましたが、始めて本当に良かったです。

マンシングウェアのアンバサダーになられていかがでしょうか?
本当に嬉しかったです。
今年の運は使い果たしたと思いましたね(笑)

ブランドの印象はいかがですか?
私は上品さや伝統、それにトレンド感を兼ね備え、年代問わずに愛されているマンシングウェアが大好きです。
もともとファッションも好きですし、そんなブランドのウェアを素敵に着こなす大人のゴルファーに憧れていたので、アンバサダーに選んでいただけて本当に嬉しいです。

オススメしたいウェアはありますか?
大人気のENVOYコレクションはもちろんですが、私がこのシーズンで注目しているのはSEASONコレクションですね。
特に、ブラウンカラーのボアベストとスカートのセットアップのコーデは最高ですね。
毎年出ているマンシングウェアのボアシリーズの大ファンです。

最後に、これからチャレンジしていきたいことや大切にしていきたいことを教えてください。
人生一度きり。という気持ちは大切にしています。
アンバサダーの募集に応募をさせていただいたのも、一度きりしかない人生だから応募してみよう!という思いからでした。
MBAを取得しようというのも、そういった思いからのチャレンジですが、周囲への感謝を忘れずに、様々な人生体験ができるよう壁を作らずチャレンジしていきたいと思っています。

ゴルフの面では、この秋冬は改めてスクールに通い直していまして、スイングの改善をしてアベレージを安定させていきたいですね。

それからとても大事なことがもうひとつ。
ゴルファーなのに車の免許を持っていなくてお恥ずかしいので、免許を取得したいです。(笑)今年中には取得します!

Profile
マンシングウェア公式アンバサダー
大歳さゆり

MBAの取得に向けて大学院に通う毎日を過ごしながらも休日はゴルフに夢中な大手IT企業に勤める会社員のエンジョイゴルファー。
ゴルフを始めて2年でベストスコアは89という腕前の持ち主で、ゴルフに限らず、MBAの取得を目指すなど、自身の成長に貪欲な一面はきっと誰もが応援したくなるはず。

Instagram:@sayu.glof

 

 

この記事で紹介されたオススメアイテム