実業団陸上部TOP監督対談

2021.12.23

陸上界を代表する3監督のスペシャル対談が実現

選手やファンの心を動かし続ける3監督の出会い、知られざる関係性、陸上競技への熱い想い。そして2022年1月1日(水)に開催される第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)への意気込みを語っていただきました。普段は見られない監督達の姿を是非ご覧下さい。

陸上界を代表する3監督の
スペシャル対談が実現

選手やファンの心を動かし続ける3監督の出会い、知られざる関係性、陸上競技への熱い想い。そして2022年1月1日(水)に開催される第66回全日本実業団対抗駅伝競走大会(ニューイヤー駅伝)への意気込みを語っていただきました。普段は見られない監督達の姿を是非ご覧下さい。


宗猛(そうたけし)総監督
旭化成陸上部総監督
高校卒業後、同社に入社。当時の日本男子マラソンビッグ3として活躍し、マラソン界をリードする。選手引退後は副監督を経て、2008年に旭化成陸上部の監督に就任。2014年からは総監督を務める。
宗猛(そうたけし)総監督
旭化成陸上部総監督
高校卒業後、同社に入社。当時の日本男子マラソンビッグ3として活躍し、マラソン界をリードする。選手引退後は副監督を経て、2008年に旭化成陸上部の監督に就任。2014年からは総監督を務める。



福嶋正監督
富士通陸上競技部監督
高校卒業後、同社に入社し選手として活躍。1999年にプレイングコーチに就任し、翌年1月のニューイヤー駅伝で4区を走り初優勝に貢献。2002年にコーチに専念、2004年より富士通陸上競技部監督を務める。
福嶋正監督
富士通陸上競技部監督
高校卒業後、同社に入社し選手として活躍。1999年にプレイングコーチに就任し、翌年1月のニューイヤー駅伝で4区を走り初優勝に貢献。2002年にコーチに専念、2004年より富士通陸上競技部監督を務める。



佐藤敏信監督
自動車陸上長距離部監督
高校卒業後、現在のコニカミノルタに入社し長距離選手として活躍。1995年にコニカミノルタ陸上競技部コーチに就任し、ニューイヤー駅伝で6回の優勝を達成。2008年にトヨタ自動車陸上長距離部監督に就任。
佐藤敏信監督
自動車陸上長距離部監督
高校卒業後、現在のコニカミノルタに入社し長距離選手として活躍。1995年にコニカミノルタ陸上競技部コーチに就任し、ニューイヤー駅伝で6回の優勝を達成。2008年にトヨタ自動車陸上長距離部監督に就任。

※外部サイトへリンクします